製薬企業で働く薬剤師求人の獲得

変化のある仕事が出来て楽しい

当日、オフィスに行って相談してみると待っていましたとばかりに求人を紹介してもらうことができたのには驚いたのは当然でしょう。
当時はこの業界についての理解も浅かったので、薬剤師の仕事を斡旋するのが主な業務だとはわかっていませんでした。
簡単に自己紹介と履歴書などの提出を行っただけで仕事を紹介してもらうことができ、具体的な仕事内容や仕事先の名称、勤務地なども明示してもらうことができたのです。
その中でもやはり製薬企業が良いと考えて希望を伝えたところ、MRとコールセンターの採用があるということで、その二つを受けてみることにしました。
薬剤師としての資格こそ実際には必要ないのは確かですが、医薬品のプロフェッショナルとしての仕事はできるだろうという期待ができたからです。
書類選考は両方共通過し、面接ではコールセンターの方では不採用となってしまいましたが、MRの方で採用してもらうことができて転職を実現できました。
他の求人も検討することができた可能性もあります。
しかし、先に仕事を辞めてしまっていたので早く転職を終えたいという気持ちがあったのでできる限り早く働き始めたいと伝えて翌々週から勤務開始という形で採用を決めてもらうことができました。
お陰でルーチンの仕事に追われることなく、毎日取引先とのコミュニケーションをとりながら変化のある仕事ができています。

日々のルーチンに嫌気がさした多すぎる求人、選ぶのも一苦労変化のある仕事が出来て楽しい