製薬企業で働く薬剤師求人の獲得

日々のルーチンに嫌気がさした

就職するときに考えていたのは薬剤師として調剤を行っていくことで患者の役に立っていきたいということでした。
医薬品についてまだ知らないことも多くて現場で活躍できるほどではないという自覚があり、調剤業務もそれほど楽しいものだとは感じていなかったものの、現場慣れすると好きになるだろうと思っていました。
しかし、実際に調剤薬局に就職して調剤に明け暮れる毎日を過ごしていると仕事がルーチンで嫌になってしまってきたのです。
慣れるまでの方がまだ楽しかったというのが本音で、これなら薬剤師にならなければ良かったとすら考えたこともありました。
ただ、求人サイトを使って他の仕事がないかと探してみて気づいたのが、調剤をするばかりが仕事ではないということです。
医薬品のプロフェッショナルとして活躍する道があると知って転職を決断しました。
私が目を向けたのは企業への転職です。
製薬企業や医療機器メーカーで働くことで医療現場で培ってきた経験と医薬品に関する知識を活用できると考えました。
実際に求人も少ないながらあることがわかり、積極的に応募していけばきっと転職できると信じてまずは退職したのです。

日々のルーチンに嫌気がさした多すぎる求人、選ぶのも一苦労変化のある仕事が出来て楽しい

薬剤師 企業 求人 未経験 / 薬剤師求人 グッピー